排卵日の把握法

four pills on the table

妊娠をするためには排卵日を把握することが重要になっていきます。なので妊娠の確率を高めたい人は排卵検査薬を使うようにしましょう。排卵検査薬を使えば排卵日を逃さずに済むので、妊娠の確率は非常に高まりますよ。排卵検査薬で排卵日を予測するには、まずは尿を採取する必要があります。排卵検査薬にはリトマス紙のような紙状や体温計のようなデジタルのものがあり、それを尿に浸けることによって排卵日を知ることが出来ます。女性は排卵日が近づくと黄体形成ホルモンというホルモンの濃度が上昇していきます。これを排卵検査薬で検査するのです。排卵検査薬が陽性反応を出したら、その日の内にセックスすると妊娠の確率は上がります。実際には陽性反応が出た24時間から48時間後に排卵日が訪れるのですが、正確な時間までは分かりません。なので陽性反応が出たその日にセックスをしておくのです。精子の寿命は3日なので、排卵日を逃さずに確実に受精させることが出来ます。実際に排卵日の2日前のセックスでの妊娠率は、排卵日当日と比べると4倍の違いがあるという結果が出ています。
排卵検査薬を使用し始めるタイミングですが、生理が始まってから14日前後が排卵をしやすいとされているので、生理が始まってから10日後に排卵検査薬を使用し始めるといいでしょう。なるべく排卵検査薬は毎日同じ時間帯に検査するようにしてください。そのほうがより正確に検査をすることが出来ますよ。